武蔵村山市の新築物件がオススメ

武蔵村山市の新築物件を紹介しています!

3月, 2016年

立川市で新築一戸建て住宅に住み、マイカー生活をしたい方へ

2016-03-20

最近は若者を中心にクルマ離れが進み、クルマを所有しない世帯も増えていますが、新築一戸建てを購入して落ち着いたら、次はマイカーを購入したいという方も少なくないと思います。車庫付、カーポート付の建売住宅を購入した後、いざクルマを購入するときに、サイズが合わずに車種が制限されたということがないように、車庫のサイズや周辺環境を確認しましょう。

 

・必要最低限の車庫のサイズはどのくらい?

 

一戸建て住宅で前面道路に対し、直角方向に駐車する場合、1台の駐車に最低限必要なスペースは、軽自動車は長さ4.0m×幅2.2m、小型自動車は5.0m×2.6m、普通(大型)自動車は5.9m×2.9mとされています。軽自動車やコンパクトサイズのクルマに人気が集まっていますので、これからも小さいクルマにしか乗らないなら車庫サイズは気にしなくて良いかも知れませんが、クルマで来客がある時や将来、中古住宅で売却するときにニーズの問題があります。

 

・クルマのサイズで車庫幅を考える

 

軽自動車のサイズは大体似ていますが、2,000cc以下の小型自動車や普通自動車のサイズはかなり違います。今、実際に乗っているクルマ、または将来乗りたいクルマのサイズで考えることも必要ですが、クルマの全長に80cmを加えた奥行き、ミラーを除いた車の全幅に130cm(110cmの考えもあり)を加えた幅が最小限の車庫サイズという考え方があります。必要最低限のサイズでは車種によって厳しいケースがあり、クルマの台数が増えて駐車スペースが必要になれば、それなりの車庫幅が必要です。

 

・住宅の前面道路の幅も検討が必要

 

必要最低限の駐車スペースは前面道路の幅が6m以上を想定しており、道路幅が4mだと車庫幅はさらに60cm、4m未満ならもっと車庫幅に余裕が必要になります。クルマが持つ最小回転半径の性能も問題で、前面道路の幅が狭い、車庫幅も狭い、最小回転半径が大きいと何度も切り返しをしないとクルマの出し入れができないことになります。出入り口に傾斜がある敷地、道路に立っている電柱など周辺環境もチェックし、車庫幅に余裕を持たせることが必要です。

 

・多摩地域のベッドタウンとして発展した立川市はマイカーライフが楽しめます。

 

緑地が多い多摩地域にありながら、交通アクセスに恵まれた立川市の駅周辺は、土日になると買い物客のクルマで駐車場待ちの列ができるほど人気スポットになっています。都心に通勤するときは駅までマイカーを使用したり、休日に家族で緑豊かな自然の景色を楽しみながらドライブしたりとマイカーライフを満喫できる環境があります。

オススメ!立川市の新築

 

東京近郊での新築物件の購入

2016-03-11

どんな生活をしたいのか

新築を構える場所によって生活のスタイルは変わってきます。都心に近ければ、便利な生活になりますが、何かと忙しい生活になってしまいがちです。永住を考えるのであれば、やはり居住環境の良いところがよいのではないでしょうか。年齢を重ねても、安心して住める街というのも重要な点であるといえます。
ですが、環境を求めるあまり、通勤が困難になっても困りますよね。ある程度自然のある東京近郊で通勤も、それほど不便ではない場所というのが重要なのかもしれません。武蔵村山の周辺は自然も多く、生活するには環境の良い場所です。公共の施設もすぐ近くですし、大型のスーパーなども近くにあるので、生活においては不自由することはないでしょう。
市内に駅はないのですが、最寄り駅まではそれほど遠くありません。徒歩でも十分ですし、自転車でもあれば、問題はないでしょう。もちろん、バスは運行しています。

武蔵村山はスポーツ振興都市

武蔵村山は「スポーツだいすきむさしむらやま」として、スポーツを推進しています。2014年には、スポーツ都市宣言を行っています。武蔵村山市スポーツ推進計画もあり、スポーツに力を入れています。そのため、運動をするには事欠きません。各所にスポーツを楽しめる施設が多くあります。
スポーツ祭東京2013(第68回国民体育大会)ハンドボール競技会はこの武蔵村山で行われています。たくさんの来場者とともに、天皇皇后両陛下が初めて御訪問になるなど、かなりも盛り上がりを見せています。
さまざまなスポーツの大会なども開催されていますから、年齢の関係なく多くの人がスポーツと親しめるようになっています。日常の健康を考えると、やはり、運動で身体を動かすことは大切ですから、市が積極的にこういったイベントを行っていると参加しやすいのではないでしょうか。
市の南東部にある大南公園では、春には桜、秋には銀杏といった自然だけでなく、園内の野球場やテニスコートでスポーツが楽しめるようになっています。ジョギングコースもあるので、ジョギングやランニングも積極的に楽しむことができます。
住環境の良さだけでなく、健康な生活を送るには適した環境といえるのではないでしょうか。

武蔵村山の新築物件の購入